• お知らせ
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 産科案内
  • 婦人科案内
  • 不妊外来
  • 不育相談
  • 避妊相談
  • 入院案内
  • 施設紹介
  • 採用情報
  • home
  • facebook
  • 交通案内
  • お問合せ

不育相談

不育相談(不育症・着床障害・生殖遺伝外来)

不育症と着床障害の原因は全く同じではないものの、共通する部分も多々あります。両者の最新情報を入手し、併せてより良い検査・治療法をご提供いたします。
また、札幌の不育症・着床障害の研究グループ「さっぽろ不育症・着床障害コンソーシアム」に所属する他施設とも連携してより良い医療をご提供いたします(当科には日本生殖医学会認定生殖医療専門医が2名常勤しています)。

予約対応

時間たっぷりカウンセリング室・外来(不育症・着床障害・その他の生殖領域関連)

ご夫婦に30分以上の時間をとってじっくりご質問などを頂きご回答いたします。

遺伝カウンセリング

遺伝(染色体)が原因の不育症やその他の生殖関係(不妊・不育・月経異常等)に関するご相談(遺伝カウンセリング)を承ります。

不育症と着床障害について

不育症とは、妊娠はされますが、流産や死産を繰り返し、赤ちゃんが授からないご夫婦に対する病名です。着床障害は体外受精で良好受精卵を何度移植しても妊娠しない場合です。

不育症の頻度は全ご夫婦の1%に存在すると言われていますが、まだ北海道では、専門外来を開設しているところが少ないのが現状です。外来担当医の一人である遠藤は長年札幌医大で不育症遺伝外来を担当し、東京以北で最初の着床診断を成功させた経験と、原因不明不育症に対する免疫グロブリンの治験も行って来ました。また遺伝や免疫関係の学会にも積極的に参加し最新情報を入手しています。以下その経験から本外来の特徴をご説明いたします。

流産の原因には幾つかありますが、最も頻度が多いのは、受精卵の染色体異常です。この場合の対応は着床前スクリーニングですが、日本ではまだ認められていません。ただ、染色体正常の受精卵を移植しても妊娠継続は60~70%です。残りは、免疫異常、子宮内膜の問題、子宮機能の問題、ホルモン環境などが原因と考えられています。

当外来の基本的なスタンスは、2つのレベルを意識しながらの検査・治療を検討する事です。

第一に、学会等でエビデンスが証明されている(有効性が明らかである)検査・治療はガイドラインに従い実施します。たとえば、抗リン脂質抗体症候群、子宮中隔、染色体構造異常が原因の基本検査で、その他、血栓素因、内分泌異常などです。

第二は、エビデンスはまだ十分ではなくてもこれから証明される可能性が高い検査・治療も患者様のご同意が得られれば積極的に導入の予定です。この場合は、出来るだけこれまでの関連論文・学会報告をご紹介し説明いたします。

これらは、ガイドラインには登場しない抗リン脂質抗体、免疫異常、子宮内膜の慢性炎症などに対する取り組みです。

もう一つの重要な取り組みとして、専門家と連携して心のケアについても対応することです。これは心の平穏が不育症や着床障害の患者様にとって必須のことだからです。なお、近年注目されているTLC(テンダー・ラビングケア)については、他に先駆けて既に取り入れています。さらにgrief care(グリーフケア)の観点からの対応もいたします。

系統的検査・治療・対応

一部検討中のものも含み、他院との連携で実施するものも含みます。

基本的検査

  • 抗リン脂質抗体症候群検査(ループス・アンチコアグラント(APTT法ならびに蛇毒法)、抗カルジオリピン抗体IgG、カルジオリピンIgM抗体、抗カルジオリピンβ2GPI複合体抗体、抗フォスファチジルエタノールアミン抗体、抗プロトロンビン抗体)
  • プロテインS活性、プロテインC活性、XII因子活性、APTT
  • 子宮形態検査(子宮卵管造影、子宮鏡、MRI検査)
  • 夫婦の染色体検査
  • 流産絨毛の染色体検査

2次検査

  • 一般献血、生化学検査、トロンボモジュリン
  • 血糖、HbA1c、甲状腺検査(TSH、F-T4)
  • その他のホルモン検査(プロラクチン、LH、FSH、エストラジオール、黄体ホルモン、男性ホルモン、コルチゾールなど)
    ※多嚢胞性卵巣症候群検査も含みます
  • 感染症検査

特殊検査

  • 子宮内膜組織診
  • NK活性
  • Th1/Th2検査
  • 慢性子宮内膜炎検査
  • 子宮の過活動検査(シネMRI)
  • その他

基本的な治療

  • 抗リン脂質抗体症候群:低用量アスピリン、ヘパリン注射、柴苓湯ほか
  • 血栓素因:低用量アスピリン、ヘパリン注射
  • 子宮中隔などの子宮奇形:手術治療(斗南病院と連携)
  • ご夫婦に染色体の均衡型構造異常がある場合:着床前診断(札幌医科大学と連携)
  • 甲状腺機能異常:抗工場洗剤、甲状腺ホルモン剤
  • 黄体機能不全:黄体ホルモン補充、排卵誘発剤
  • 血糖、インスリン感受性に異常:インスリン抵抗性改善薬、インスリン
  • NK活性、Th1/Th2異常:新治療法の導入
  • 慢性子宮内膜炎:対応抗菌剤
  • 子宮の過活動:対応過活動抑制剤
  • ストレス性不育症:カウンセリング、漢方薬、ストレス軽減剤、鍼治療、マッサージ

オリジナルの検査・治療・カウンセリング

  • 染色体構造異常がある場合を含めて皆様にK6、その他の心理検査を応用して治療(札幌医科大学自主臨床研究審査委員会承認済み)
  • NK活性適正化新治療(倫理委員会申請予定)
  • TLC、grief careの積極的導入
  • 漢方治療
  • 鍼治療
  • マイクロアレイ検査
  • その他のオリジナル検査
  • 遺伝カウンセリング
ページ上部へ
ブログとリンク
エナ大通クリニックえな院長のブログえな産科ノートぴるぶろキッズブログごぼうのたいたもん不育症・着床障害SHU'S BLOGコンソーシアム過去のエナの記録