• お知らせ
  • ドクター紹介
  • 診療案内
  • 産科案内
  • 婦人科案内
  • 不妊外来
  • 不育相談
  • 避妊相談
  • 入院案内
  • 施設紹介
  • 採用情報
  • home
  • facebook
  • 交通案内
  • お問合せ

不妊外来

不妊外来

ひとりでも多く赤ちゃんを授かることができるようにお手伝いさせていただきます。ご夫婦の希望、ライフスタイルに合わせてさまざまな治療方法がございます。年齢が上がるほど妊娠する確率が低下すると言われておりますので、もし不妊かもと思ったら早い受診をおすすめいたします。

体外受精-胚移植

一般不妊治療を行ってもなかなか妊娠できない場合や、卵管がつまっている場合などで行います。体外で卵子と精子を受精させ、子宮内に戻します。

顕微授精

男性に不妊原因があり、体外受精では妊娠が難しい場合や、体外受精で受精障害が見つかった場合などで行います。卵子に針を刺し、直接1個の精子を注入します。

胚盤胞移植

受精卵を5日ほど培養すると胚盤胞になります。この胚盤胞を移植する方法です。

メリット○

  • 良好な胚を選別し、着床率を上げることができる。
  • 移植胚数を減らし多胎妊娠を防ぐことができる。

デメリット×

  • 胚盤胞まで発育する確率が30%くらいなので、胚移植がキャンセルになる場合がある。

胚凍結

1回の採卵でたくさん受精した場合の余剰胚を凍結保存しておく方法です。

メリット○

  • 受精卵を無駄にしない。
  • 移植胚数を少なくし、多胎妊娠を防ぐ。
  • 子宮内膜を整えてから胚移植を行うことができる。
  • 卵巣過剰刺激症候群を防ぐ。
ページ上部へ
ブログとリンク
エナ大通クリニックえな院長のブログえな産科ノートぴるぶろキッズブログごぼうのたいたもん不育症・着床障害SHU'S BLOGコンソーシアム過去のエナの記録